【映画】スーパーマン最新作『マン・オブ・スティール』予告偏動画。特別CMに水泳の入江陵介起用

2013年07月12日(金)

4854_ext_01_0.jpg

写真を拡大する

『マン・オブ・スティール』の特別CMに入江陵介が起用された。TM & © 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED. TM & © DC COMICS

8月30日(金)に全国公開されるスーパーマン最新作『マン・オブ・スティール』。日本公開の先駆け、7月20日(土)よりスペイン・バルセロナで開催される、第15回FINA世界水泳選手権大会と、『マン・オブ・スティール』のコラボレーションが実現。特別コラボCMに、日本を代表する鋼鉄の男=マン・オブ・スティールとして、世界水泳日本代表・入江陵介の起用が決定した。特別CMは、7/13(土)より全国MOVIX系列の劇場の幕間にて上映される予定だ。



競泳陣として戦後最多となるメダル数11を獲得したロンドン五輪で、3つのメダルを獲得(男子200m背泳ぎ:銀メダル/男子100m背泳ぎ:銅メダル/男子400mメドレーリレー:銀メダル)した入江。今回のコラボについて次のように語っている。

「今回、僕が生まれる前から有名なスーパーマンとのコラボレーションというビッグな企画に参加できて、光栄に思います。撮影はとても楽しかったです。何か大切な人を守るため、心も体も限界を超えて戦うヒーロー、スーパーマンは小さい頃から僕の憧れでした。タオルをマントに見立てて、遊んだ記憶もあります」

「水泳も日々トレーニングを積み、自分の限界を越えなければならない競技です。スーパーマンのように、僕も観てくださる皆さまに、勇気と感動を届けて、子供たちの憧れの存在になりたいです。そして、まだ表彰台に真ん中に立ったことが無いので、世界一を目指したいです。僕も世界水泳でスーパーマンになれるように頑張ります! この夏の世界水泳を是非応援して下さい!」

<ストーリー>

幼い頃から超人的な能力を秘めていると知った少年クラーク・ケント。育ての親との約束でその力を封印し、孤独な少年時代を過ごした彼は成長し、クラークを守ろうとして死んだ父の「使命を突き止めろ」という教えに導かれ放浪の旅に出た。そして、ついに自分の真実を知ることとなる。爆発寸前の惑星クリプトンで、実の父親が生まれたばかりの彼を地球へ送り出したのだ。己の正体に葛藤するクラーク。しかしその時、クリプトン星唯一の生き残りであるゾット将軍と反乱軍が、クラークが地球にいることを突き止めた。それは、人類存亡を賭けた闘いが始まることを意味していた――!

■スタッフ
脚本・製作:クリストファー・ノーラン
監督:ザック・スナイダー


■キャスト

ヘンリー・カビル
エイミー・アダムス
ローレンス・フィッシュバーン
ケビン・コスナー
ダイアン・レイン
ラッセル・クロウ

配給:ワーナー・ブラザース映画

8月30日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

  • 4854_ext_01_0_S.jpg
  • 4854_ext_01_1_S.jpg
  • 4854_ext_01_2_S.jpg
  • 4854_ext_01_3_S.jpg